大滝詠一 レイクサイド ストーリー 歌詞

大滝詠一の「レイクサイド ストーリー」歌詞ページ。
「レイクサイド ストーリー」は、作詞:松本隆, 大滝詠一、作曲:松本隆, 大滝詠一。

レイクサイド ストーリー

歌:大滝詠一 作詞:松本隆, 大滝詠一 作曲:松本隆, 大滝詠一

誰が捨てたのか
錆びたスケート靴
波が洗ってるよ

指が切れるほど
水が冷たいのさ
ひとりボートの上

やがて真冬が湖を
氷の鏡に変えるよ

白い靴で ウインター・レイク
ターンしながら
ぼくに腕を振った
光る刃で描いたね
大きなハートの絵を

オールを止めて読む
ぬれた手紙の文字
名前が変わるんだね

手など出さないと
決めた日もあったね
あいつと君とぼく

胸に小石を投げたのは誰
悲しみの渦が広がる

腕を組んで ウインター・レイク
滑る二人を
棚にもたれ見てた
スケートは生まれつき
苦手とまゆひそめて

風邪をひいた夜
先に眠るからと
ロッジの部屋にいた

細い靴音が
消えたあいつのドア
朝まで閉じたまま

何も言わずに荷物まとめて
湖をあとにしたのさ

ジャンプしたね ウインター・レイク
足をくじいて
涙ためていたよ
さざ波のあのあたり
水面に風が吹くよ

白い靴で ウインター・レイク
ターンしながら
ぼくに腕を振った
光る刃で描いたね
大きなハートの絵を

白い靴が ウインター・レイク
ターンしながら
ぼくに腕を振った
冬の幻さ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net