山口百恵 イミテイション・ゴールド 歌詞

山口百恵の「イミテイション・ゴールド」歌詞ページ。
「イミテイション・ゴールド」は、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童。

イミテイション・ゴールド

歌:山口百恵

作詞:阿木燿子

作曲:宇崎竜童

シャワーのあとの髪のしずくを
乾いたタオルで拭きとりながら

彼が窓辺で話しかけるわ
流れる雲さえ季節の色だと
私は軽い目まいを感じ
マニキュアの指 かざしてみるの
ア・ア・ア イミテイション・ゴールド
ア・ア・ア 焼けた素肌が
ア・ア・ア イミテイション・ゴールド
若いと思う今年の人よ
声が違う 年が違う
夢が違う ほくろが違う
ごめんね 去年の人と又比べている

西陽の強い部屋の片隅
彼が冷蔵庫バタンと閉じる
パックのままの牛乳かかえ
身軽な動作で運んでくれるわ
ア・ア・ア イミテイション・ゴールド
ア・ア・ア 命そのまま
ア・ア・ア イミテイション・ゴールド
飲み干したけど今年の人よ
くせが違う 汗が違う
愛が違う きき腕違う
ごめんね 去年の人にまだ縛られてる

ア・ア・ア イミテイション・ゴールド
ア・ア・ア そのやさしさで
ア・ア・ア イミテイション・ゴールド
まっててほしい今年の人よ
陽が当れば 影が違う
色が違う 光が変わる
ごめんね 去年の人を忘れるその日を

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net