Mr.Children 跳べ 歌詞

Mr.Childrenの「跳べ」歌詞ページ。
「跳べ」は、作詞:桜井和寿、作曲:桜井和寿。

跳べ 歌詞

歌:Mr.Children

作詞:桜井和寿

作曲:桜井和寿

大体 君の知っての通りだ
頑張っちゃいるんだけれど
実際はこんなスケールの
小さなボンクラ

中肉中背 ガキの頃から
これといった特技はなく
褒められも 叱られも
しないで来たんです

変わんなくちゃ 今日で終わりにしなくちゃなぁ
毎回誓い立てるけど 一向に標的へと進んでる気がしない
腰痛と偏頭痛 抱えてる 家庭環境も良くは無い
そんなネタを楯にして逃げてばかりで

この間 ヘンテコな夢を見た
おばあちゃんが出てきて
弱った僕をおんぶしてくれて
悪い奴らをやっつけた

その翌朝 仏壇に手を 合わせて お礼を言って
そこで世界がクリアに見えた
どういった理由かは分からない
実際 そうだったんだからそれでいい

跳べ!向かい風に乗って
「どうせ出来やしない」と植え付けた自己暗示を引っこ抜いて
呪縛を解け!
カーペットの上 ソファーの上
思い立った瞬間 そこは滑走路 跳べ 跳べ

通りを我が物顔して 馬鹿騒ぎしてる若人に
実際はちょっとジェラシー 感じていたりします
安定を得るために斬り捨てた
衝動が化けて出てきて枕元で言うんだ
「跳びたい 跳びたい」と

プリン体の存在を知れば 選ぶビールを変える
日本中がみんな みのもんた 生き抜く秘訣を手にしたい
だけど昨日 夜が明けるまで 浴びるほど呑んで
なぜかそれ以来調子いいんだ どういった理由かは分からない
実際 そうだったんだからそれでいい

跳べ! イメージの羽 ばたつかせて
失敗を前提にした言い逃れを引っこ抜いて
呪縛を解け! 滑り台の上
ベンチの上 思い立った瞬間
そこは出発点 跳べ 跳べ

自分を縛ってる命綱 そいつを離してみるんだ
そして 自由を掴み取るんだ 取るんだ
ワンツーのスリー GO!で走り出すんだ
目指すべき場所はなくとも いつか 辿り着くんだ 跳ぶんだ

そうだ ここが出発点 そうだここが滑走路
羽を開き 呪縛を解き
そうだ ここが出発点 そうだ ここが滑走路
目指すべき場所はなくとも 離陸せよ!

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

Find The Answer(通常盤)

Find The Answer

風がこの心を 吹き抜けても揺るがないそんな強さを ...

Mountain Top

RADWIMPS

'Obey the way you truly bel...

マエヲムケ

Hey! Say! JUMP

朝から転んで泥まみれI'm Gonna Gonna...

低温火傷 / 春恋歌 / I Need You ~夜空の観覧車~(B)

低温火傷

つばきファクトリー

都会の夜空を流星(ほし)が切り裂いた見える ふたり...

勝手にMY SOUL(通常盤)

勝手にMY SOUL

DISH//

戦々恐々everyday 天真爛漫everybody...

ハロー カゲロウ(通常盤)

ハロー カゲロウ

GReeeeN

あの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき...

Everybody!!

シグナル

WANIMA

不確かなまま はじまる今日は変わらない いつも通り...

Ref:rain / 眩いばかり(期間生産限定盤)(DVD付)

Ref:rain

Aimer

Raining 夏の午後に 通り雨 傘の下Kiss...

Moon さよならを教えて

BUCK-TICK

泣いていたのかしら もう涙は枯れたのにあなたに触れ...

さよならエレジー

菅田将暉

僕はいま 無口な空に吐き出した孤独という名の雲...

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

小沢健二

幾千万も灯る都市の明かりが生み出す闇に隠れた汚...

その線は水平線(10,000枚生産限定盤)

その線は水平線

くるり

その線は水平線新しい靴履いて時代を飛び越えろ...

ヒカリ

ゴスペラーズ

It's enough for usそして光が 二...

恋は天使のチャイムから

田村ゆかり

早く恋のチャイム気づいて君の胸に聴こえてるでしょ...

映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE(デッドアップル)』オープニング主題歌「Deadly Drive」(アニメ盤)

Deadly Drive

GRANRODEO

鼓動は高鳴りかけがえのない共鳴に未完成を重ねて...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net