エレファントカシマシ 覚醒(オマエに言った) 歌詞

エレファントカシマシの「覚醒(オマエに言った)」歌詞ページ。
「覚醒(オマエに言った)」は、作詞:宮本浩次、作曲:宮本浩次。

覚醒(オマエに言った) 歌詞

歌:エレファントカシマシ

作詞:宮本浩次

作曲:宮本浩次

オマエに昨日の夜中話したことは
別にオレが急に偉くなった訳じゃなく
三十七なり。オレの青春は終わったけれど
明日もあさってもオレはやって行くから

ひとりでいる時には様々なことを考えようとしている
偉大な人たちの考えを辿った気になって

オレの部屋には理解を超えた本と
むなしい気分がつきまとってる
感じろ 思え おのれ自身のココロで そんなことをオマエに話した

タバコをふかしながら町を歩いた
失われてく情熱をオレは歩きながら感じた

車が過ぎて
オレを通り越してゆく
タバコをふかすオレを

汗さえ流れぬ町を行くオレ
天国でも地獄でもなき今を
三十七のオレが歩いていた そんなことをオマエに言った

文字:
   
位置:
 

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net