風 そんな暮らしの中で 歌詞

風の「そんな暮らしの中で」歌詞ページ。
「そんな暮らしの中で」は、作詞:伊勢正三、作曲:伊勢正三。

そんな暮らしの中で 歌詞

歌:

作詞:伊勢正三

作曲:伊勢正三

歩き始めた子供の
笑い声が響いてる
そんな暮しの中で
芽ばえ始めた「何か」を
大切にして生きるため
日々の暮しがある
時計の針が時を
流しているわけでもなく
明日の朝
新聞の日付がただ
変わっているだけのこと

2センチ足らずの雪が
科学の街 東京を
一日でぬりかえる
その変わらぬ雪の色に
人は何を思うのだろう
変わりゆくこの日々に
寒さの中に
かくれているのは
暖かさなのだから
冬の朝
目覚めたときの
あと五分の幸せを
誰もが知ってる

文字:
   
位置:
 



風の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

そんな暮らしの中で(伊勢正三)

そんな暮らしの中での収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net