スキマスイッチ 冬の口笛 歌詞

スキマスイッチの「冬の口笛」歌詞ページ。
「冬の口笛」は、作詞:大橋卓弥、作曲:常田真太郎。

冬の口笛

歌:スキマスイッチ

作詞:大橋卓弥

作曲:常田真太郎

怒ったような表情も甘えてんだろう?
もう昔のようには不安になったりしないよ
幸せって感情で優しくなれる
君が僕に隠れるほど寒い日だったとしても

吐く息が白く光るとケムリみたいってハシャいだ
ほらその仕草で今年も僕に舞い降りる

響く音色は冬の口笛
途切れないように暖めていこう フタリで

「だまってついて来い」なんてなかなか言えないけど
同じ歩幅で歩いてく、そんな風でいたいよね

形の無いものは確かに信じるのは難しい
でも君がいればきっと木枯らしにも勝てんのさ

肩を寄せ合い凍えず実るくちなしの下で
君の手をそっと 握るんだ

淡い雪のように溶けないで潰されないで
僕らの季節はこれからも続く

響く音色は冬の口笛
途切れないように 育てていこう

つなぐ、心が温もる
降り積もる奇跡 拾い集めて
零れないように持っていこう
これからも2人でずっと…

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net