スキマスイッチ アカツキの詩 歌詞

スキマスイッチの「アカツキの詩」歌詞ページ。
「アカツキの詩」は、作詞:大橋卓弥・常田真太郎、作曲:大橋卓弥・常田真太郎。

アカツキの詩

歌:スキマスイッチ

作詞:大橋卓弥・常田真太郎

作曲:大橋卓弥・常田真太郎

もう ずいぶん経ったなぁ こんな時間に
現実感もない 寝不足になったような 感じで
天井を見つめながら 君の温度を 思い出していた
多くを 欲しがったら 揺らぐ バランス
崩した向こうには 僕らの抜け殻 と 闇
本当に堕ちていったなぁ 起き上がるのも イヤになるよな
大切にしたくて 言葉で縛って がんじがらめ
絡まった中には 君の影も 見当たらない
守ろうとした 手のひらで 握りつぶしてしまうよ
ただ 君がいればいいのに こらえ切れず こぼしていた
夜が 少し 遠くなっていた

いつだって 茶化しては
からかいあっていた はずなのに いつの間にか
冗談に聞こえなくなって 気付けば 君は 泣き出していた
散々迷ってさ 君が選んだ
サボテンだって そう、簡単に ダメにしてしまったなぁ
愛情を注いでいれば 花も咲く と 信じこんでいた
思えばそうだ 僕は 鏡越しの自分 を見ていた
君が見ていたのは 紛れもなく 僕 だったのに
差し込んだ 月明かりは 僕の前で 消えてくよ
ぎこちなくてもいいから そっと 抱きしめられたなら
夜が ひっそり 座り込んでいた

守ろうとした 手のひらで 握りつぶしてしまうよ
ただ 君さえいればいいのに こらえ切れず こぼしていた
夜が 少し、動き出していた

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net