スキマスイッチ キミドリ色の世界 歌詞

スキマスイッチの「キミドリ色の世界」歌詞ページ。
「キミドリ色の世界」は、作詞:大橋卓弥・常田真太郎、作曲:大橋卓弥・常田真太郎。

キミドリ色の世界

歌:スキマスイッチ

作詞:大橋卓弥・常田真太郎

作曲:大橋卓弥・常田真太郎

今月になってもう何回目なんだろう
気にしないフリなんて限界なんだよ

黄緑のカーテン、コーヒーカップ、カサにサンダル
選んだのはきっと君じゃない そうだろ?

時々探るように何気なく聞いても
そ知らぬ顔をされるのはもうイヤなんだ

僕と出会う前に ここでどんな奴と笑ってても
そう匂わせるのは なんだか合点がいかない
そろそろ思うことを言ったって僕らはもう壊れない!
…そう言い聞かせても強気な言葉が見つからない

男は過去を探る生物なんだってさ
そうだな、僕もまた探りつづけてる

現在確かに君は僕のそばにいる
未来もこのままきっと続くだろう

なのにただ一つだけつまらない過去だけが
どうにもならないよ もう辛いんだ

そうだ!何よりイヤなのは君の思い出になること
言ってみれば僕は選ばれた人なんだから
今はとにかく出来るだけ君のことを想えばいい
僕が輝くならまぶしくてアトは見えなくなる
…そう言ってみたものの、また気になりだしてるキミドリ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net