スキマスイッチ 1017小節のラブソング 歌詞

スキマスイッチの「1017小節のラブソング」歌詞ページ。
「1017小節のラブソング」は、作詞:大橋卓弥/常田真太郎、作曲:大橋卓弥/常田真太郎。

1017小節のラブソング

歌:スキマスイッチ

作詞:大橋卓弥/常田真太郎

作曲:大橋卓弥/常田真太郎

嘘みたいに雨が上がった
梅雨の合間 ふと空を見上げる

浮かんだ雲にもうすぐ来る夏を描いて
内緒だけど今までの恋もなぞった

イイコトもして悪いことも言えないくらいしてきたけど

君を見て初めて出会いの意味がわかったんだ
小さくてもいいから同じ屋根の下でたくさん話をしたいよ

梢(こずえ)から落ちる滴
いつの日にか大洋(うみ)に帰るだろう

同じくらいの背丈で並ぶ影が二つ笑っている
ここが僕のいるべき唯一つの場所

似合わない大げさな幸せより、大事なものを見つけた

君を見て初めて出会いの意味がわかったんだ
似たもので支えあって今日みたいな空を二人で見上げていたいよ

君を見て初めて出会いの意味がわかったんだ
小さくてもいいから同じ屋根の下でたくさん話をしたいよ

同じ屋根の下でずっと笑いあっていたいよ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net