スキマスイッチ 僕と傘と日曜日 歌詞

スキマスイッチの「僕と傘と日曜日」歌詞ページ。
「僕と傘と日曜日」は、作詞:SukimaSwitch、作曲:SukimaSwitch。

僕と傘と日曜日

歌:スキマスイッチ

作詞:SukimaSwitch

作曲:SukimaSwitch

日曜の街 雨 一人で差してる 傘
流れ落ちてく 想い 散らかってる 泡

いつも通ってた 歩道 水を蹴飛ばす 靴
透明なビニールの 向こう 高層ビル 雲に隠れてた

手探りなりに目指した未来図 あっけなく砕け散っていった

打ち付ける水しぶきが 休日の景色をフラッシュバックさせる
君のブルーの傘に 2人で入ったら 「濡れちゃうね」と 小さく笑ってた
遠くで鳴る雷は 結末を予感していたのかな
さよならの言葉 想像もせずに 信じ切ってた あの日

こじ開けてた週 末 僕ひとりうわのそら
優しい声で言ってた 「忙しいのはいいことだね」って

逢えない辛さを 誤魔化すため精一杯 君が考えた台詞

土砂降りの思い出たちは こんな傘じゃとても凌げない
それならばいっそ ズブ濡れのまま 君まで 泳いでいこうか
一緒に選んだ赤いテーブル 僕らみたいって話してたラブソング
揃いで買ったストラップと 渡せずの指輪 どれもに 君の 香り

打ち付ける水しぶきが 休日の景色と音を奪う
頬を伝う雫と 声にならない声 何て呼べば 僕は救われるだろう?
別れ際涙の中で 君は笑おうとしてくれたよね
さよならの言葉 本当の意味は 一人で 探すから

日曜の街 雨 一人で差してる 傘

文字サイズ: 文字位置:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net