森昌子 恋は女の命の華よ 歌詞

森昌子の「恋は女の命の華よ」歌詞ページ。
「恋は女の命の華よ」は、作詞:たかたかし、作曲:浜圭介。

恋は女の命の華よ

歌:森昌子 作詞:たかたかし 作曲:浜圭介

海鳴りないて荒れる夜は
時計の針が
むかしにもどる
恋は女の 命の華よ
この指も 唇も
今もあなたのものなのに
波が 波が 波が二人を
あぁ ひきはなす

ガラスの窓に 口紅を
うつして頬の
薄さに泣ける
恋は女の 命の華よ
あの夜を やさしさを
あなた返して もう一度
呼んで 呼んで
呼んでとどかぬ
あぁ 遠い人

あなたに待てと
言われたら
死んでも生きて
私は待つわ
恋は女の 命の華よ
春がゆき 夏がゆき
秋といっしょに冬が来る
海の 海の 海の暗さよ
あぁ 抱きしめて

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net