森昌子 父娘草 歌詞

森昌子の「父娘草」歌詞ページ。
「父娘草」は、作詞:山口 あかり、作曲:八角 朋子。

父娘草

歌:森昌子

作詞:山口 あかり

作曲:八角 朋子

あなたの背中の揺り籠は
暖かかったわ 幼い日
夢をなくして 路地裏を
足を引きずり 帰るとき
なつかしかった お父さん
あなたのふところ旅立って
わたしも十九になりました
いばってみせても淋しがり
花嫁姿に泣くでしょうか

別れの朝は 停車場で
わざとはしゃいで目をそらす
世間の風を 受け止めて
あなたがくれた安らぎは
忘れはしない お父さん
あなたのふところ旅立って
わたしも十九になりました
母さん愛しててれている
あなたの笑顔が浮かびます

お酒を飲めば「枯れすすき」
しみじみ聞かせるしぶいのど
わたしが愛した人のこと
分っていたよとうなずいて
遠い目をした お父さん
あなたのふところ旅立って
わたしも十九になりました
言葉じゃないのね父娘って
郷里みたいに 偲びます

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net