森昌子 津和野ひとり 歌詞

森昌子の「津和野ひとり」歌詞ページ。
「津和野ひとり」は、作詞:山上路夫、作曲:新井 利昌。

津和野ひとり 歌詞

歌:森昌子

作詞:山上路夫

作曲:新井 利昌

恋した娘は なぜだか知らず
ひとりで旅に 出かけます
私も同じ 雑誌に出てた
津和野の街へ 来たところ
あああー 城下町を 歩いていても
小さな宿屋に 泊っていても
想うはあなたの ことばかり
今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

好きならどうして 逃げたりすると
あなたに言われ 泣きました
意気地がないの ゆれてる想い
今度の旅で 直します
あああー古い街の このたたずまい
白壁うつした せせらぎさえも
あなたと二人で みたかった
今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

今度帰るまで 心に決めます
あの胸にとびこめる 私になってます

文字:
   
位置:
 



森昌子の人気歌詞

津和野ひとりの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net