森昌子 恋ひとつ雪景色 歌詞

森昌子の「恋ひとつ雪景色」歌詞ページ。
「恋ひとつ雪景色」は、作詞:阿久悠、作曲:井上忠夫。

恋ひとつ雪景色

歌:森昌子 作詞:阿久悠 作曲:井上忠夫

窓をあければ 雪景色
遊ぶ渡り鳥
赤いカクマキ着たひとが
通り過ぎる
あなたを慕うこの胸は
まだ銀世界 誰も汚せない
やさしい足跡は
いつの日つくのやら

汽車が走れば 見えかくれ
冬の日本海
舟も真白におおわれて
心細く
あなたに急に逢いたくて
ただ無我夢中 切符買ったけど
なぜだかぽろぽろと
涙があふれ出る

真綿ちぎって 投げたよな
重いぼたん雪
道に誰かがころがした
みかんひとつ
あなたは強く抱きしめて
春まで待てと いってくれたのね
このまま うずもれて
その日を待ちたいわ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net