森昌子 道行華 歌詞

森昌子の「道行華」歌詞ページ。
「道行華」は、作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童。

道行華

歌:森昌子 作詞:阿木燿子 作曲:宇崎竜童

五色(ごしき)の沼の光を受けて
朝を弾いて 咲く蓮の花
台座の固さは処女(むすめ)のままで
白い花びら 心の証し
咲いてる間は極楽花(ばな)で
散り行(ゆ)く時は地獄の花か
咲かずに枯れたら 何としょう
咲かずに散ったら 何処へ行(ゆ)きます

黄金(こがね)の雲に恋したために
東へ向かい飛ぶ空の鳥
何処まで行っても 辿りもつけず
羽を休める 枝も見えない
飛んでる間は極楽鳥(ちょう)で
翼折れたら奈落の底へ
飛ばずに落ちたら 何としょう
飛ばずに死んだら 何処へ行きます

夜の静寂(しじま)に隠してみても
隠し切れない 現身(うつせみ)の恋
明かりを近づけ 手鏡みれば
紅(べに)も一色(ひといろ) 今夜は赤い
生きてる間が極楽なのか
道行(ゆ)く先は三途の川か
この身の辛さは 何としょう
この身が朽ちたら 何処へ行きます


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2015 J-Lyric.net