小沢健二 恋しくて 歌詞

小沢健二の「恋しくて」歌詞ページ。
「恋しくて」は、作詞:kenji ozawa、作曲:kenji ozawa。

恋しくて

歌:小沢健二

作詞:kenji ozawa

作曲:kenji ozawa

幸せな時は 不思議な力に 守られてるとも 気づかずに
けど もう一回と 願うならば それは複雑な あやとりのようで

寒い 夏の朝に ひとりきりの部屋で
呑みこまれてゆく 魔法のようなもの かんじてる

ながすぎる春と 知りながら 僕らは何度も逢い 酒をのんで
二人でよく見た 映画はなぜだか
“シリアル・ママ”とか “蛇拳”とか

そんなことの全て 僕らが見た光
眩しすぎて 生々しくて痛むよ とりあえず

いつもいつも 君が恋しくて 泣きたくなるわけなんかないよ
思い出すたび なにか胸に つっかえてるだけ Baby, baby!

お互いのことを 知りすぎたけれど 嫌じゃないよ 今 そう思う
ブドウを食べたり “キムチラーメン”を探して 夜遅く出かけた

そんなことの全て 僕らが見た光
眩しすぎて 生々しくて痛むよ とりあえず

いつもいつも 君が恋しくて 泣きたくなるわけなんかないよ
思い出すたび なにか胸に つっかえてるだけ
それで 何か思っても もう伝えられないだけ Baby!

そんなことの全て 僕らが見た光
呑みこまれてゆく 魔法のようなもの 待っている

そんなことの全て 僕らが見た光
呑みこまれてゆく 魔法のようなもの 待っている


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net