SMAP 雪が降ってきた 歌詞

SMAPの「雪が降ってきた」歌詞ページ。
「雪が降ってきた」は、作詞:森浩美、作曲:馬飼野康二。

雪が降ってきた 歌詞

歌:SMAP

作詞:森浩美

作曲:馬飼野康二

今年最初の雪が低い空から舞い落ちる
肩を寄せ合う君が僕の隣りいないよ…
駅の寒いホームでキスをしたのは今頃さ
君が小さく見えて 柱の陰抱きしめたよ

あの時の二人 まだこんな日々が
そう来るなんて思わずに…

雪の降る街 一人で思い出と歩いた
静かに降る雪手のひらにそっとのせて

話してたくていつも遠回りして帰ったよ
「ずっと好きでいてね」と手を重ねて微笑んだね

※きっと君は僕のたったひとつだけの
そうかけがえのないものさ…※

△雪の降る街 コートに思い出抱きしめた
振り向く街角君はそこにもういない
ごらん空から天使が夢を振りまいてる
静かに降る雪手のひらで溶けてゆく△

(※くり返し)
(△くり返し)

雪の降る街 一人で思い出と歩いた
静かに降る雪 手のひらにそっとのせて
僕の心に降る雪いつか溶けるけれど
あんなに恋した君の笑顔忘れない

文字:
   
位置:
 



SMAPの人気歌詞

雪が降ってきたの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net