SMAP かなしいほど青い空 歌詞

SMAPの「かなしいほど青い空」歌詞ページ。
「かなしいほど青い空」は、作詞:小倉めぐみ、作曲:多々納好夫。

かなしいほど青い空 歌詞

歌:SMAP

作詞:小倉めぐみ

作曲:多々納好夫

休みは人があふれ出して
坂道 歩きづらくなる
夏がうっとうしくて 髪を切ってみたよ
別に どうでもいいことだけどね

そばに感じてたくて はずさずにいた指輪
二人 似てるのを選んだね
特別なんかじゃなくても いつか会ってしまうさ
こんなに狭い空の下

彼女と 海へ行く話で
みんながもりあがっている
急に言われてもね…なんて格好つけて
ビルの ディスプレイ ながめるふりした

君がどうしてるか 誰と海へ行くのか
すぐに 仲間にも伝わるだろう
あいつと歩いてる君に 誰か会ってしまうさ
こんなに狭い空の下

君なんか忘れた 言うのは簡単だよ
だから とりあえず言ってみるよ
強がりだって役に立つさ そのうちその気になる
Mm… かなしいほど 青い空

君なんか忘れた 言うのは簡単だよ
だから 繰り返し言ってみるよ
忘れる必要もないくらい 君が小さくなるまで
Mm…かなしいほど青い空

文字:
   
位置:
 



SMAPの人気歌詞

かなしいほど青い空の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net