新田恵利 冬のオペラグラス 歌詞

新田恵利の「冬のオペラグラス」歌詞ページ。
「冬のオペラグラス」は、作詞:秋元康、作曲:佐藤準。

冬のオペラグラス 歌詞

歌:新田恵利

作詞:秋元康

作曲:佐藤準

白い雪がガラス窓に咲くように
そっと降り積もる
静かすぎる こんな夜は眠れずに
あなたが気になるの
いつも逢う度 ケンカばかりして
ただの友達と 想ってた
※冬のオペラグラスで
夜の街をのぞけば
恋をしてる私の顔映った
冬のオペラグラスで
胸の奥をのぞけば
いつもよりも素直な私がいた※

朝になって白い雪が少しずつ
そっと溶けた時
あなたが住むあの街まではっきりと
景色が見えていた
私初めて わかった気がする
今日は゛好きです゛と 伝えたい
窓のオペラグラスは
どんな時も素直に
恋をしてるハートの中 映すわ
窓のオペラグラスは
意地をはったりしない
そこに見える気持ちが全てだから

(※くり返し)

文字:
   
位置:
 



新田恵利の人気歌詞

冬のオペラグラスの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net