東方神起 9095 歌詞

東方神起の「9095」歌詞ページ。
「9095」は、作詞:H.U.B.、作曲:JEJUNG。

9095

歌:東方神起 作詞:H.U.B. 作曲:JEJUNG

従順そうな執事で 「こちらへ」と導かれ
回廊の火を点けて 「赤を右に」と言った
壊れた回転扉 床には極楽鳥花
繻子の壁を這うタランチュラ 踵返し笑った

where're you going? baby
楡の揺り椅子で待って 七つ数えるまで目を開けないで

pre un ... 首筋に夜の雫が... 声にできないほど
deux ... ネジ式積み木の城で... 指の隙間へと
trois ... 絡み合った蜘蛛の糸は... このままずっと
上がり出した砂時計 9095 ...

長い回廊に響く 「どこかで会ったでしょうか?」
... 「青は赤の左に」
錆付いた天使の羽根 獏が捨てた昨日の夢
先は手の鳴る方へ 目隠しをして

who are you? tell me baby
それは誰も映らない 鏡の中にその手を入れるとき

et quatre ... 背中まで麝香の香り... 熱い呼吸の音
cinq ... 空白に浮ぶ瞳... 許されないのなら
six ... その涙が生き返ったら... どうしてもっと
目覚めてゆく化石たち 9095 ...

もう何も探さないで そばにいるから
目を開けてしまったのなら 戻れなくても...
それでもいいのなら そっと

pre un ... 首筋に夜の雫が... 声にできないほど
deux ... ネジ式積み木の城で... 指の隙間へと
trois ... 絡み合った蜘蛛の糸は... このままずっと
上がり出した砂時計 9095
et quatre ... 背中まで麝香の香り...
cinq ... 空白に浮ぶ瞳...
six ... その涙が生き返ったら... どうしてもっと
目覚めてゆく化石たち 9095

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2013 J-Lyric.net