鈴木茂 八月の匂い 歌詞

鈴木茂の「八月の匂い」歌詞ページ。
「八月の匂い」は、作詞:松本隆、作曲:鈴木茂。

八月の匂い

歌:鈴木茂

作詞:松本隆

作曲:鈴木茂

鄙びた停車場に立ち 影の中に身を置き
ラムネ飲みほすおまえを見てる
「空しいね」おまえの「淋しいね」うなじに
「哀しいね」ひとすじ「空しいね」流れる
「淋しいね」冷や汗
蒼いラムネの空壜 陽に灼けた肌にあて
ああ冷いとあまえは笑う

白茶けた陽射し浴びて揺れるおまえの胸が
50マイルも遠くに見える
「空しいね」左の「淋しいね」小指が
「哀しいね」痛むよ「空しいね」おまえの
「淋しいね」歯の跡
手垢のついた客車に身をゆだねて座れば
ぶつかる膝の交流電気
「空しいね」飛び去る「淋しいね」景色に
「哀しいね」吹かれて
「空しいね」ふたりの「淋しいね」笑顔が
「哀しいね」崩れる

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net