UVERworld 哀しみはきっと 歌詞

UVERworldの「哀しみはきっと」歌詞ページ。
「哀しみはきっと」は、作詞:TAKUYA∞、作曲:TAKUYA∞・平出悟。

哀しみはきっと 歌詞

歌:UVERworld

作詞:TAKUYA∞

作曲:TAKUYA∞・平出悟

心だけは 捨てないよ
これが終わりだとしても 誰にも思い出とか希望は奪えない

手を重ねた時の 温もりをイメージして
辛い時ほどほら 笑ってみせるよ

いつも僕は 嫌な事一つで 良かった事全部を忘れてしまいそうになるけれど
少しずつ強くもなって 想いを 想いを

立てない程の哀しみが 僕を選んだとしても
誰かが この運命のクジを背負うなら
僕は 避けて生きるだけの人になりたくない
辛いのは分かってるけど 明日笑えるように

運命のこよりは 巡るゲームのように
ふられたサイにほら 人は当てられた運命(みち) 辿って行く

この目に映る全ての物は 奪われたり無くしたりするけれど
君がくれた言葉だけは 誰にも奪えない

何も見えない暗闇の 愛が消えた夜には
眠りにつく前に 君を思い出す
明日君と一緒に見た 雲を探しに行こう
無理なのも分かってるけど 今日よりちょっとは進むために

素敵なものにでも どんなに辛くても いちいち憂いていられない時代で
楽は直ぐ過ぎ去り 辛い時の方が永く感じる 嫌な相対性理論の中で過ごす

空を眺め ゆっくりと浮かぶ はぐれ雲を見て
いつかの僕みたいだね 君の声探してるよ

サヨナラは言わないことにしよう これが終わりだとしても
自分でさえ 希望とか心とかって奪えない
一日が終わり眠る前に 明日あえるかな?とか
無理なのも分かってるけど 愛の住む心のど真ん中は
誰にも奪えないから 明日を笑って迎えるために

ふわふわ はぐれ雲が僕の憂鬱と共に流れて行く
同じ雲に また誰かが「自分みたい…」って重ねるのだろう


文字:
   
位置:
 



UVERworldの人気歌詞

人気の新着歌詞

FAKE LOVE/Airplane pt.2(初回限定盤A)(DVD付)

FAKE LOVE -Japanese ver.-

BTS (防弾少年団)

君の為なら悲しくても笑顔でいれた君の為なら痛みさえ...

Catch up, latency (通常盤)

Catch up, latency

UNISON SQUARE GARDEN

朝に灯った温度が 夜更け頃には逆戻りしてまた逃げ出...

Office Love(EMO盤)

Office Love

SOLIDEMO

OFFICE LOVE…なんて 最低な日だろう...

リビングデッド(特典なし)

リビングデッド

amazarashi

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世にはびこって...

催眠術(完全生産限定盤)(DVD付)

催眠術

女王蜂

狂っている?わかっている狂っている?わかっ...

ADAMAS

LiSA

大義名分に痺れ切らした苦渋の闇 怒号の渦の中始...

BAAM<初回限定盤A>

BAAM -Japanese ver.-

MOMOLAND

Bae Bae Bae BAAM BAAMBae ...

Love with You(初回限定盤CD+DVD)TVアニメ(寄宿学校のジュリエット)オープニングテーマ

Love with You

fripSide

輝いている 君の横顔 見ていた 秘めた想いが風を感...

Hwi hwi -Japanese Ver.-

LABOUM

ドキドキしちゃうわ こんなに近くで何気なく見せる横...

はじまりの音

富士葵

水面(みなも)に落とした石が波紋となって向こう岸 ...

ミスター・ダーリン / ギミギミコール(チコハニ×しょこたん盤)

ミスター・ダーリン

CHiCO with HoneyWorks

誰と会ってた?って浮気した?って子供じゃないんだし...

SSSS.GRIDMANオープニング主題歌「UNION」

UNION

OxT

目を醒ませ僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ...

君にエール!!!! ~同じ空の下で~

elfin'

届けたい 届けたい 君に 勇気のメロディー同じ空の...

君のせい(通常盤)

君のせい

the peggies

君のせい 君のせい 君のせいで私臆病でかっこつかな...

まっしろ

ビッケブランカ

誰にも見つからない街の灯も灯らない交差するクレ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net