UVERworld 7日目の決意 歌詞

UVERworldの「7日目の決意」歌詞ページ。
「7日目の決意」は、作詞:TAKUYA∞、作曲:TAKUYA∞。

7日目の決意

歌:UVERworld 作詞:TAKUYA∞ 作曲:TAKUYA∞

君は冬の夢を見て鳴く蝉
もしその願いが明日叶うと知ったら 7日目を生きたのかい?
悲しみだけなんて 忘れる事なんて出来ないから
今は全て忘れても良いよ いつかまた 大事な事だけを思い出せば良い

7日で世界を創造した神と
地震の一週間前に座礁して行くイルカの群れと
週末の東京駅 毎週泣いてるあの子との7日じゃ
どれが一番長いかな?

戦争で左手を失った祖父に
死ぬ以上の悲しみが この世界に在ったか?と問えば
あると言えばあったな 無いと言えば無いがな
全てはお前次第

10代最後の日に あと一年頑張って何も変わらなかったら
もう人生ごと終わらせようと思ってた でもそれも出来なかった
きっと本当の死ぬ気の覚悟も知らず 生きてきた

君は冬の夢を見て鳴く蝉
明日こそ願いが叶う事を信じて 7日目を生き抜くんだね
なあ 僕達もそんな生き方していたいよな?
明日からでもなく 何かの記念日でもなく
どうしようもなく涙が出てしまった今日から変わって行けば良い

いつも甘えた家庭に包まれ
友達が100人いて 恋人が何十人いたって
満足出来ない人もいて 自らある種の地獄へ向かって行く
でも僕は違う 家族に憧れ抱いたままでも
まだ上手く友達も作れずに 恋愛に臆病なままでも
前を向いて生きている 幸せも感じている
全ては自分次第

もう 今日からは死ぬ以上の悲しみは ここに無いと思って生きて行くよ
ならもう何も怖くない 誰がどう言おうと構わない
諦める必要もない 強く生き抜くよ

君は冬の夢を見て鳴く蝉
悲しくなんてないよ 一番大事な事は 叶うとか叶わないじゃない
欲しかった物は 此処に無い未来や過去じゃなく
その気持ちを失った時に 僕が僕じゃ無くなってしまう…
そう思える そんな生き方を

嬉しくて泣いてる人も 悲しくても笑ってる人にも
スローライフでゆっくり歩いても 充実感に過ぎる時を忘れていても

いつかきっと 僕も君も居なくなってしまう
例外無く終わっていく そこにどんな意味があるかなんて分かるはず無い

でも 君は冬の夢を見て鳴く蝉
7日目の夜も 夢を願う時だけは少し強くなれたんだね
なあ 僕達もそんな生き方をしていような
その最後まで 忘れたくないよ
夢を願う時 少し強くなれる僕らの日々


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2014 J-Lyric.net