軍歌 歩兵の本領 歌詞

軍歌の「歩兵の本領」歌詞ページ。
「歩兵の本領」は、作詞:加藤 明勝、作曲:永井 建子。

歩兵の本領 歌詞

歌:軍歌

作詞:加藤 明勝

作曲:永井 建子

万朶の桜か襟の色
花は吉野にあらし吹く
大和男子と生まれては
散兵線(さんぺいせん)の花と散れ

尺余の銃は武器ならず
寸余のつるぎ何かせん
知らずやここに二千年
きたえ鍛えし大和魂(やまとだま)

軍旗まもる武士は
すべてその数二十万
八十余か所にたむろして
武装は解かじ夢にだも

千里東西波こえて
われに仇なす国あらば
港を出でん輸送船
暫し守れや海の人

適地に一歩われ踏めば
軍の主兵はここにあり
最後の決はわが任務
騎兵砲兵協同せよ

アルプス山を踏破せし
歴史はふるく雪しろし
奉天戦の活動は
日本歩兵のと知れ

携帯口糧(けいたいこうりょう)あるならば
遠く離れて三日四日
曠野千里にわたるとも
散兵線(さんぺいせん)に秩序あり

退くことは我知らず
みよや歩兵の操典を
前進前進また前進
肉弾とどく所まで

我が一軍の勝敗は
突喊最後の数分時
歩兵の威力はここなるぞ
花散れ勇め時は今

ああ勇ましの我が兵科
会心の友よ来たれいざ
ともに語らん百日祭
酒杯に襟の色うつし

文字:
   
位置:
 



軍歌の人気歌詞

歩兵の本領の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net