関ジャニ∞ ふたつ手と手 歌詞

関ジャニ∞の「ふたつ手と手」歌詞ページ。
「ふたつ手と手」は、作詞:GAKU、作曲:GAKU。

ふたつ手と手 歌詞

歌:関ジャニ∞

作詞:GAKU

作曲:GAKU

TVのあかりが その寝顔照らし
やわらかな熱が 指先を伝う
待ち合わせたように この時代で逢い
そんな奇跡の中 無邪気に眠る君

怖いくらい 強く思っている
もう自分よりも 大切な存在だと

嵐の中でも 傍にいられたらいいや
くだらない事に となりで笑えりゃいいな
10年先に向かって… 何十年経ったって…
優しく重ねる ふたつ手と手

テレ隠しばかり僕は 優しさをいつも
もどかしいほどに もらってばっかりだ

痛いくらい 胸に問いかける
この身に代えても 君を守れるかな

嵐の中でも 傍にいられたらいいや
厳しい現実も となりで味わえりゃいいな
10年先に向かって… 何十年経ったって…
静かに重なる ふたつ手と手

Wow woh… oh oooh

文字:
   
位置:
 



関ジャニ∞の人気歌詞

ふたつ手と手の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net