RADWIMPS スパークル [original ver.] 歌詞

RADWIMPSの「スパークル [original ver.]」歌詞ページ。
「スパークル [original ver.]」は、作詞:野田洋次郎、作曲:野田洋次郎。

スパークル [original ver.] 歌詞

歌:RADWIMPS

作詞:野田洋次郎

作曲:野田洋次郎

まだこの世界は 僕を飼いならしてたいみたいだ
望み通りいいだろう 美しくもがくよ

互いの砂時計 眺めながらキスをしようよ
「さよなら」から一番 遠い 場所で待ち合わせよう

ついに時はきた 昨日までは序章の序章で
飛ばし読みでいいから ここからが僕だよ
経験と知識と カビの生えかかった勇気を持って
いまだかつてないスピードで 君のもとへダイブを

まどろみの中で 生温いコーラに
ここでないどこかを 夢見たよ
教室の窓の外に
電車に揺られ 運ばれる朝に

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
こんな世界を二人で 一生 いや、何章でも
生き抜いていこう

「はじめまして」なんてさ 遥か彼方へと追いやって
1000年周期を 一日で息しよう

辞書にある言葉で 出来上がった世界を憎んだ
万華鏡の中で 八月のある朝

君は僕の前で ハニかんでは澄ましてみせた
この世界の教科書のような笑顔で

嘘みたいな日々を 規格外の意味を
悲劇だっていいから望んだよ
そしたらドアの外に
君が全部抱えて立っていたよ

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で 僕ら遊ぼうか

愛し方さえも 君の匂いがした
歩き方さえも その笑い声がした

いつか消えてなくなる 君のすべてを
この眼に焼き付けておくことは
もう権利なんかじゃない 義務だと思うんだ

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする
時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

生き抜いていこう

文字:
   
位置:
 

人気の新着歌詞

The Red Light(初回盤A)(DVD付)

The Red Light

KinKi Kids

これ以上はもう The Red Light思いの向...

さよならデュアリーナ(木月沙織ver.)

さよならデュアリーナ

放課後プリンセス

真夜中のデュアリーナせめぎ合う 胸のリバーシ信...

風林花山

風林花山

G-FREAK FACTORY

大きな轍と 少しの足跡静けさに立ち止まれば はるか...

リボン

BUMP OF CHICKEN

嵐の中をここまで来たんだ嵐の中をここまで来たんだ...

Dirty Disco

Dirty Disco

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

Crazy, wild and free飛ばしてい...

Mr.Fake ツナゲル(初回限定盤TYPE-A)

Mr.Fake

天月-あまつき-

ある日思った月灯りに逃げ込んだトモダチなんて勘...

Speed★Star 通常盤

Speed★Star

藤木直人

夏休みは長くて 1年は永遠に感じ大人になるなんて ...

つなぐ(通常盤)

つなぐ

誰だって そう 探してるEveryday彷徨い歩い...

Daydreaming/Choose me (初回生産限定盤)

Daydreaming

BAND-MAID

Daydreaming 覚めないでNothing ...

FLOWER(通常盤)

FLOWER

THE BEAT GARDEN

I'm aloneI left it break...

ララララ・ライフ(初回生産限定盤B)(DVD付)

ララララ・ライフ

夢みるアドレセンス

人生、若干ミュージカルみたいモンダイ山積み ホント...

I'll be there

SOOHYUN(from U-KISS)

どれだけ時が過ぎただろう 別々の道を選んだ長く長い...

背中越しのチャンス(通常盤)

背中越しのチャンス

亀と山P

100回の恋も君がいなくちゃ unhappy気...

Melody

J☆Dee'Z

あの日 君が笑って歌ってくれた 忘れられぬメロディー...

ノンフィクション

ノンフィクション

平井堅

描いた夢は叶わないことの方が多い優れた人を羨んでは...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net