IKECHAN 祭花 歌詞

IKECHANの「祭花」歌詞ページ。
「祭花」は、作詞:池田大其、作曲:池田大其。

祭花

歌:IKECHAN

作詞:池田大其

作曲:池田大其

祭が終った夜に 好きと つげられて
汗まみれの あんたが とても ステキに見えた
子供の頃から いやでも聞かされた
太鼓の音が 初めて しみた 秋の夜やった
やんちゃな あんたは なんの とりえも ないけどと
ボーと立ってる うちを だきしめたよね
今でも あの時の あんたを思い出すのは
いつまで たっても かわらん 男たちがいる町やから

また走ってや 汗まみれの 男の群れの中で
そして 愛してな 強い男で いつまでも うちの事
泉州女は 祭にさく男の中に
いつまでも 寄りそって さいてゆくから

激しさを争う昼は 近寄れんけど
夜は ちょうちんの 明かりが浮かび うちと ふたりづれ
子供たちも もりあがり 男は お酒の匂いに
つつまれながら 優しい顔をみせる
はっぴ姿の あんたに惚れて
今年も そんな姿を みつめてる
おかしい町やね こんな時代に
いつまで たっても かわらん 男たちが集まるなんて

ずっと走ってや かすれた声を 響かす 群れの中で
ずっと愛してな あの頃の あんたで そう うちの事
泉州女は 祭にさく男の中に
いつまでも 寄りそって さいてゆくから

ずっと走ってや 汗まみれの 男の群れの中で
ずっと愛してな 強い男で いつまでも うちの事
泉州女は 祭にさく男の中に
いつまでも 寄りそって さいてゆくから

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

収録CD

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net