いきものがかり YELL 歌詞

いきものがかりの「YELL」歌詞ページ。
「YELL」は、作詞:水野良樹、作曲:水野良樹。

YELL 歌詞

歌:いきものがかり

作詞:水野良樹

作曲:水野良樹

「“わたしは”今 どこに在るの」と 
踏みしめた足跡を 何度も見つめ返す
枯葉を抱き 秋めく窓辺に 
かじかんだ指先で 夢を描いた

翼はあるのに 飛べずにいるんだ
ひとりになるのが 恐くて つらくて
優しいひだまりに 肩寄せる日々を
越えて 僕ら 孤独な夢へと歩く

サヨナラは悲しい言葉じゃない
それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
ともに過ごした日々を胸に抱いて
飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

僕らはなぜ 答えを焦って 宛の無い暗がりに
自己(じぶん)を探すのだろう
誰かをただ 想う涙も
真っ直ぐな 笑顔も ここに在るのに

“ほんとうの自分”を 誰かの台詞(ことば)で
繕うことに 逃れて 迷って
ありのままの弱さと 向き合う強さを つかみ
僕ら 初めて 明日へと 駆ける

サヨナラを誰かに告げるたびに
僕らまた変われる 強くなれるかな
たとえ違う空へ飛び立とうとも
途絶えはしない想いよ 今も胸に

永遠など無いと 気づいた時から
笑い合ったあの日も 歌い合ったあの日も
強く 深く 胸に 刻まれていく
だからこそあなたは だからこそ僕らは
他の誰でもない 誰にも負けない
声を 挙げて “わたし”を 生きていくよと
約束したんだ ひとり ひとつ 道を 選んだ

サヨナラは悲しい言葉じゃない
それぞれの夢へと僕らを繋ぐ YELL
いつかまためぐり逢うそのときまで
忘れはしない誇りよ 友よ 空へ

僕らが分かち合う言葉がある
こころからこころへ 言葉を繋ぐ YELL
ともに過ごした日々を胸に抱いて
飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の 空へ

文字:
   
位置:
 



いきものがかりの人気歌詞

同名の曲が20曲収録されています。

Yell(AAA)

Yell(EXILE)

YELL(クリス・ハート)

YELL(神谷浩史)

YELL(獄寺隼人(市瀬秀和))

YELL(島津亜矢)

YELL(BES)

YELL(CHIHIRO)

Yell(Kra)

yell(高橋由美子)

「YELL」で検索する

YELLの収録CD,楽譜,DVD

人気の新着歌詞

Find The Answer(通常盤)

Find The Answer

風がこの心を 吹き抜けても揺るがないそんな強さを ...

Mountain Top

RADWIMPS

'Obey the way you truly bel...

マエヲムケ

Hey! Say! JUMP

朝から転んで泥まみれI'm Gonna Gonna...

here comes my love

Mr.Children

破り捨てようかないやはじめから なかったものって思...

低温火傷 / 春恋歌 / I Need You ~夜空の観覧車~(B)

低温火傷

つばきファクトリー

都会の夜空を流星(ほし)が切り裂いた見える ふたり...

勝手にMY SOUL(通常盤)

勝手にMY SOUL

DISH//

戦々恐々everyday 天真爛漫everybody...

ハロー カゲロウ(通常盤)

ハロー カゲロウ

GReeeeN

あの日キミが 誰にも見えないように泣いていたの見たとき...

Everybody!!

シグナル

WANIMA

不確かなまま はじまる今日は変わらない いつも通り...

Ref:rain / 眩いばかり(期間生産限定盤)(DVD付)

Ref:rain

Aimer

Raining 夏の午後に 通り雨 傘の下Kiss...

Moon さよならを教えて

BUCK-TICK

泣いていたのかしら もう涙は枯れたのにあなたに触れ...

さよならエレジー

菅田将暉

僕はいま 無口な空に吐き出した孤独という名の雲...

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

小沢健二

幾千万も灯る都市の明かりが生み出す闇に隠れた汚...

その線は水平線(10,000枚生産限定盤)

その線は水平線

くるり

その線は水平線新しい靴履いて時代を飛び越えろ...

ヒカリ

ゴスペラーズ

It's enough for usそして光が 二...

恋は天使のチャイムから

田村ゆかり

早く恋のチャイム気づいて君の胸に聴こえてるでしょ...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2018 J-Lyric.net