シド Cafe de Bossa 歌詞

シドの「Cafe de Bossa」歌詞ページ。
「Cafe de Bossa」は、作詞:マオ、作曲:ゆうや。

Cafe de Bossa

歌:シド

作詞:マオ

作曲:ゆうや

背伸びから 始まる 恋の予感がした
小雨が彩った 小さなカフェの窓

クローゼット開いて 真夜中 ひとりでshow
やりすぎストールを はぶけば それなりに

待ち合わせは 勝手が違う お洒落な街並みで
どこか浮いてない? その目線が浮いてる

君は 何を着ても 抜群に君らしくって
隣を歩く 明らかに 気合い入りすぎコーデ

ボッサの似合う あの店で 少しお茶でもして
君が 席を外した隙間で こぼれ出す
ため息の数だけ 近づきたくて

この街で育った 君にはわからない
イントネーションの違いも 上手に隠せない

切り詰めて やっと手に入れた 流行のLouboutinも
ほんとのとこ 身の丈に合ってない

たまに見せる 満面のあれを ただ見たくって
苦手な雰囲気 克服して この街にまた通う

やがて 無理がたたっても それは君のせいじゃない
繋いだ手を 離したあとから こぼれ出す
ため息の数だけ 近づきたくて

小さなカフェに 迷い込んだ 雨の日のせいさ

君ほどの センスはないけど 知識もないけど
ひとつだけは この気持ちだけは

明日 またすきになるね けど
明日 臆病 一枚多く 重ね着する?

君は 何を着ても 抜群に君らしくって
隣を歩く 明らかに らしいそこそこコーデ

ボッサの似合う あの店で 少しお茶でもして
君が 席を外した隙間で こぼれ出す
微笑みの数だけ 近づけたかも

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net