秦基博 季節が笑う 歌詞

秦基博の「季節が笑う」歌詞ページ。
「季節が笑う」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

季節が笑う

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

君を抱きしめたいけれど 触れれば もう 戻れないんだよ
君の肩は ちょっと震えている 誰のこと 思って 泣く?

張り裂けそうな二人の距離は 手を伸ばせば届いてしまうんだよ
どうして僕を呼び出したりしたの…わけなど聞くまでもなく

君は わかってる この気持ちに気付いている
そうだとしても 君のズルさも
付け入るような 僕のあざとさも
今だけは 見てみぬふりで…

君は僕を見つめてるけど ねえ 誰のこと考えているの
伸ばした指先が震えてしまう 季節が この愚かさを 笑う

僕もわかってる その先に待つ虚しさを
そうだとしても 僕の弱さも 寂しさ紛らす為だとしても
今はただ 素知らぬ顔で…

君を抱きしめたいけれど 触れればもう戻れないんだよ
でも 思わず君を引き寄せた 季節よ この愚かさを 笑え
季節よ 二人の愚かさを 笑え

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net