秦基博 プール 歌詞

秦基博の「プール」歌詞ページ。
「プール」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

プール 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

陽射しは 水の底まで 折れ曲がるようにして届いた
そこにまるで探していたものが あったかのようにね

水色のフィルターを通して 僕は世界を見ていた
揺らぐ視線のずっと先に 繰り返される悲しみも

目映い夏の風は 穏やかに過ぎてく
やわらかな波に たゆたう痛みを置き去りにしながら

楽しそうに笑う子ども達 光のプールが包みこむ
僕は季節に浮かんだままで ただただそれを眺めていた

はしゃぎすぎる時間と その向こう側にある静寂(しずけさ)
夢と現実の狭間で あなたの声が聞こえた気がした

目映い夏の午後に いつか朽ちてく時
永遠なんてない だからこの瞬間が 愛しく思えるんだ

手と手が触れて二人 顔を見合わせた 光のプールに沈み込む
きっと僕らがつかみたかったものは こんなありふれた日常なんだ

楽しそうに笑う子ども達 光のプールが包みこむ
僕はあなたを離さないように強く強く抱きしめた
強く強く抱きしめた

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

同名の曲が5曲収録されています。

プール(スピッツ)

プール(ART-SCHOOL)

プール(花澤香菜)

プール(セカイイチ)

プール(KEN THE 390)

プールの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net