秦基博 風景 歌詞

秦基博の「風景」歌詞ページ。
「風景」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

風景 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

上空を旋回して行く 午後の風
僕は一人 退屈とぼんやり遊ぶ

冬枯れた樹々の隙間 芽吹く春の始まり
凛と ただ その背をのばして 光集めている

あなたがくれたこの風景 愛しく思っています
胸の中のファインダーでずっと眺めていたい

いつもここにいるよ 陽だまりに触れてるみたい
ほら あたたかくて どこか恥ずかしいような
いつも側にいてくれたの? 僕も少し強くならなきゃね
あなたを守れるように やさしくいられるように

呼吸を繰り返す 淡い雲の陰
終わりがいずれ来るなんてこと 想像もつかなくて

あなたといつか見た風景 なおさら愛しくなるよ
胸の中のシャッターを切って焼き付けよう

いつもここにいるよ 陽だまりに触れてるみたい
ほら あたたかくて どこか恥ずかしいような
いつも側にいてくれたの? 僕も少し強くならなきゃね
あなたを守れるように やさしくいられるように

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

同名の曲が1曲収録されています。

風景(キノコホテル)

風景の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net