秦基博 晩夏 歌詞

秦基博の「晩夏」歌詞ページ。
「晩夏」は、作詞:荒井由実、作曲:荒井由実。

晩夏 歌詞

歌:秦基博

作詞:荒井由実

作曲:荒井由実

ゆく夏に 名残る暑さは
夕焼けを吸って燃え立つ葉鶏頭
秋風の心細さは コスモス

何もかも捨てたい恋があったのに
不安な夢があったのに
いつかしら 時のどこかへ置き去り

空色は水色に
茜は紅に
やがて来る淋しい季節が恋人なの

丘の上 銀河の降りるグラウンドに
子どもの声は犬の名をくりかえし
ふもとの町へ帰る

藍色は群青に
薄暮は紫に
ふるさとは深いしじまに輝きだす
輝きだす

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

同名の曲が3曲収録されています。

晩夏(鳥羽一郎)

晩夏(内山田洋とクールファイブ)

晩夏(岩男潤子)

晩夏の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net