秦基博 花咲きポプラ 歌詞

秦基博の「花咲きポプラ」歌詞ページ。
「花咲きポプラ」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

花咲きポプラ 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

君が泣いてた 小春日和の午後
鳥が僕の頭 突ついて言う「とても悲しそうだね」

君が生まれたあの日からずっと
見てた僕だからわかるんだ 彼とサヨナラしたの

君がまた笑ってくれるなら 僕は花を咲かすよ
何色の花がいいの? 太陽の七色から どうぞ選んでみて

僕は知ってんだ 君は大丈夫さ
だからおいで今は 僕の陰で少し休めばいいよ

光集めて息を吸いこむよ
塞ぎ込む君のつらい顔は もう見たくはないから

君がまた笑ってくれるなら 僕は花を咲かすよ
どんな香りが好きなの? 太陽が隠れてても 枯れ葉舞う冬でも

忘れられるまで泣いて過ごすなんて それこそ悲しいよ
何色の花がいいの? その涙拭うよ

君がまた笑えるって言ってくれるなら 僕は花を咲かすよ
何色の花でもいいよ 太陽の七色全部 咲かせてあげるよ

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

花咲きポプラの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net