秦基博 29番線 歌詞

秦基博の「29番線」歌詞ページ。
「29番線」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

29番線 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

中吊りの見出しが揺れる ゆらっと イラっと
僕が欲しい答え 載ってないみたい

なにしろ線路は続くし いっそ どっか
遠くへ運んでくれたらいいのに 張り裂けそうな日常

想像通り 予定調和だ ゆるやかに目減りしてく未来
気が付けば ほら すでに30手前だ
現実逃避 途中下車なんて そんな勇気もないよって
指くわえたまま ぼんやり窓の外見ていた 電車は進むよ

昨日のミス 頭をよぎる ヤツの笑い顔
独りだけ取り残されていくみたい

定刻を二分程過ぎ 滑り込むプラットホーム
目の前のドアも深呼吸をした 駆け出しそうな焦燥

想定外に 素晴らしい事態も 待っているかもしれないよって
淡い期待の裏 不安をごまかしているんだ
各駅停車 ひとつずつでもいい ただ前に進みたいんだって
景色止まっても 心は加速していくんだ 扉は開いた

想像以上だ めくるめく日々は またたく間に過ぎてゆく
気を抜けば ほら すぐに終着駅だ
半信半疑 どうすればいいのか そんなんわからなくたって
最終電車が来るまで戦うべきだ また今日が始まる

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

29番線の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net