秦基博 Selva 歌詞

秦基博の「Selva」歌詞ページ。
「Selva」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

Selva 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

あこがれはそっと妬みに染まる
僕ら あまりに遠すぎる

僕は視線をずっと逸らせずにいる
岸辺に舞う君を見ている

そよぐ水際をすれすれに飛んでゆく
その幻がギラギラと波に浮かぶ
すくったとしても すぐにこぼれてしまうだろう

声上げ 響かせ 君まで 震わせ

その羽は夏を透かしている
褐色が陽射しを吸い込む

深い森の奥へ君が消えていく
湿る肌 スコールが来る

地を這う僕はふらふらと影を追う
君は風をもひらひらと越えてゆく
纏わりつく汗は まるで溶け始めた鑞

音を立て 降る雨 全てを 流せ

声上げ 響かせ 君まで 震わせ

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

Selvaの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net