秦基博 アゼリアと放課後 歌詞

秦基博の「アゼリアと放課後」歌詞ページ。
「アゼリアと放課後」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

アゼリアと放課後

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

いつだって臆病なせいで 友達の後ばかり追いかけた
アゼリアと放課後

ひとり はじめて自転車に乗って 街はずれ 野球場に出掛けた
違って見えた世界

せわしない毎日に疲れては 自分をすぐ見失うけれど
あの景色の中に ほら 答えはあるから 見つけられるから

真夏の交差点 真夜中のレール 真昼の月 真冬 公園のベンチ
もう 君がいなくても大丈夫だよ
悲しくなったら空を見るよ 変わり続け変わらないもの
そう いつまでも僕の思い出の中 微笑みかける 君のような空を

ゆるやかに続く坂道を 登りきればきっとあの日のまま
懐かしいあの場所

今 前線の合間を縫って 嘘の様に澄み切った空模様
面映ゆいその光

流れてく毎日と 進めない自分をすぐ誰かのせいにして
あの頃の僕は ただ 刺々しくて 弱々しくて

まぶしい放射線 出発のベル 都会の雪 翳る鉄塔の向こう
もう 君がいなくても大丈夫だよ
あれからいくつも季節を越え その数だけ 傷付いた心
でも いつだって 僕は悲しみの中 探し続けた 君のような空を

真夏の交差点 真夜中のレール 真夏の月 真冬 公園のベンチ
もう 君がいなくても大丈夫だよ
悲しくなったら空を見るよ 変わり続け変わらないもの
そう いつまでも僕の思い出の中 微笑みかける 君のような空を

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net