秦基博 夕凪の街 歌詞

秦基博の「夕凪の街」歌詞ページ。
「夕凪の街」は、作詞:Hata Motohiro、作曲:Hata Motohiro。

夕凪の街 歌詞

歌:秦基博

作詞:Hata Motohiro

作曲:Hata Motohiro

夕凪の街で 不意にバスを降りたんだ
大好きだった君と暮らした街

神社まで続く 桜並木の途中で
君によく似た誰かを見つけたから

あれからずっと 振り返ってばかり すぐに結びついてしまうよ
海猫の声が遠く響いた 彼等はどこへ向かうつもりだろう

あの日も空を見上げて つないでた手は ほどけて
さよならもうまく言えないままで 僕らは途切れたんだ

潮騒が 胸の鼓動 掻き消していった
もう聞こえない 思い出の中でしか

これからきっと 君以上に 好きな人になんて出会えない
止まったまま 動けない影が 暮れてく夕陽に形を変えるだけ

ありもしない羽をイメージして 飛べたら君に会えるって
今でもこんな夢みたいなこと 考えてしまうんだよ

あの日の空を重ねて 届かない手を 伸ばして
つぶやいた僕のさよなら 君にも 聞こえているのかい

夕凪の街で 不意にバスを降りたんだ
大好きだった君と暮らした街

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

夕凪の街の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net