秦基博 月に向かって打て 歌詞

秦基博の「月に向かって打て」歌詞ページ。
「月に向かって打て」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

月に向かって打て

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

取り柄もない 人畜無害 目立たない役柄を
あてがわれたままに こなしてきたんですが

彼女もなし 実家暮らし 入社4年目の秋も
容赦のない 社会の荒波に流されていきます どうすりゃいい

文集に書いた将来設計を
急に思い出して ちょい凹んだりして

あの日のね 僕が描いた夢と 冴えない今じゃ 随分 違ってるけど
ねぇ ホームランは無理でも やってみるよ
もしかして出るかも ポテンヒットくらいは

神様の演出では 脇役は放置気味
あいつばかり 出世するのを横目に定時帰宅 うらめしい

晩秋の月夜 ビールのせいだ
ナイターを観戦中に涙ぐむ

いつかはね 僕も主役にきっと なれるはずと まだどっか 信じているんだ
ねぇ 連敗続きのCクラス 打ってくれよ
命運 重ねて 祈り捧げる

観衆のはるか上を越えてく
白球に声が出て 親もあきれ顔

あの日のね 僕が描いた夢に 少しは胸を張れる 自分でありたいな
ねぇ ホームランは無理でも 振ってみるよ
三振でもフルスイング 月に向かって

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net