秦基博 ひとなつの経験 歌詞

秦基博の「ひとなつの経験」歌詞ページ。
「ひとなつの経験」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

ひとなつの経験 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

誰もいない 夏の終わり 夕立ち 雨宿り
濡れて 透けそうな本音 はかりあぐねていた

髪を伝い 雫落ちる まさにその刹那に
どちらからともなく 会話 無理矢理 塞いだ

青天の霹靂 越えてく境界線
その一瞬は 何もかも 分かり合えた様なフリして
そして ただ 重ね合う 互いを

はやる気持ち 膨れ上がる 積乱雲のようで
けれど 肌に張り付く不安 拭えずにいた

舌先の甘いしびれ 噛んで確かめてみる
惑い 揺れる 視線のわけ 教えてくれよ

ひと夏の経験 つんざくような雷鳴
その一瞬の 閃光に ひどく虚しさがこみ上げて
そして また 見失う 互いを

突然の雨に 必然の雨に 打たれて 沈んでゆくんだ
やがて跡形もなく 消えてしまうなら
なぜ 交わるんだろう

青天の霹靂 捨て去る境界線
その一瞬で ためらいも 打算も 燃え尽きるくらいに
今は ただ 重ね合う 互いを

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

ひとなつの経験の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net