秦基博 五月の天の河 歌詞

秦基博の「五月の天の河」歌詞ページ。
「五月の天の河」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

五月の天の河 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

途切れたままの会話も 気にならないくらい
どこまでも澄んだ夜空が 煌めく帰り道

久しぶりのふたり 足早に過ぎる今 終わりはもうそこまで来てる

名前もない星の灯り さみしい心も そっと包む
時が止まればいいのに ah 願ってる

それぞれ 暮らしてる街は 離れているけど
いつだって会いにくるから 銀の河も越えて

どちらからともなく 足取りを緩める 深まりゆく夜に逆らう

数え切れぬ星の中で 同じ光を きっと見てる
二度とないこの瞬間を ah 焼き付ける

名前もない星の灯り 瞬いていて ずっと変わらず
君とまた見られるように ah 願ってる

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

五月の天の河の収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net