秦基博 海辺のスケッチ 歌詞

秦基博の「海辺のスケッチ」歌詞ページ。
「海辺のスケッチ」は、作詞:Hata Motohiro、作曲:Hata Motohiro。

海辺のスケッチ 歌詞

歌:秦基博

作詞:Hata Motohiro

作曲:Hata Motohiro

色取り取りのパラソルが まばらに 遠く 咲いている
防波堤が区切る空には 冷めた水色が広がる

そよ風に紛れ 孤独が さも 親しげに 忍び寄る
波間に揺れる太陽は この手に 決して掴めなくて

夏が終わってゆく 君に 打ち明けられないままで
友達だと言い聞かせて 壊れないように 距離を守っている

泡のように 期待なんて 浮かんでは すぐに はじける
燃え尽きてしまえば花火は 砂の中に埋もれ眠る

あの日 彼を見つめていた その横顔を 思い出す
絵葉書のような景色さえ 翳むほどに 美しくて

夏の日差しの中 惑う 心 悟られぬように
黙り込んで 瞼閉じても 君の残像は消せなかった

夏が終わってゆく どこか 変わること 拒んでいる
断ち切れない この想いに 縛られたままで 次の季節へ

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

海辺のスケッチの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net