秦基博 デイドリーマー 歌詞

秦基博の「デイドリーマー」歌詞ページ。
「デイドリーマー」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

デイドリーマー

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

人混み すり抜ける 揺れる髪に ふと振り返る
君はいない まばゆい思い出の その影に 僕だけがまだ縛られたままで

ah いつか 僕ら 夏の光の中 きっと 同じ夢を見ていた
君の声が聴きたくなるから 思わず まぶた 閉じてしまうよ

サヨナラのかわりに その手が あの日 選んだ未来
追いかけて 抱きとめる勇気もない僕が 今さら 何を言うつもりだろう

ah いつか 君が夢見てる光に 届くようにと 願っている
だけど 今は 綺麗事のようで ため息 ひとつ 空を仰いだ

会えない 醒めない 巡る 白昼夢の中
とうに終わっているのに 進めなくて 戻れなくて

ah いつか 触れた 夏の日の光に 目覚めたまま 夢を見ている
君の声が 聴きたくなるから 思わず まぶた 閉じてしまうよ
思わず まぶた 閉じてしまうよ

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net