秦基博 美しい穢れ 歌詞

秦基博の「美しい穢れ」歌詞ページ。
「美しい穢れ」は、作詞:秦基博、作曲:秦基博。

美しい穢れ 歌詞

歌:秦基博

作詞:秦基博

作曲:秦基博

そんな顔で 彼を 見つめるんだね
体よく利用されてるだけと 気付いてるの

どんな顔で 昨日 抱かれたんだろう
知らない君が溢れて 僕はもう壊れそうだよ

美しい その指も 肌も 穢されてゆくばかりで
僕のものにならないのなら 君よ いっそ 消えてしまえ

こんな気持ちになるくらいだったら
出会わなければ良かっただなんて 思えないんだ

狂おしい 唇も 足も 穢されればされるほど
輝き増してゆくから 僕は 一層 離れられない

美しい その指も 肌も 穢されてしまえばいい
僕のものにならないのなら 君よ いっそ 消えてしまえ
僕よ いっそ 消えてしまえ

文字:
   
位置:
 



秦基博の人気歌詞

美しい穢れの収録CD,楽譜,DVD

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net