GReeeeN 愛し君へ 歌詞

GReeeeNの「愛し君へ」歌詞ページ。
「愛し君へ」は、作詞:GReeeeN、作曲:GReeeeN。

愛し君へ 歌詞

歌:GReeeeN

作詞:GReeeeN

作曲:GReeeeN

僕の隣に いつも君が居る事
ここで良かったと 思ってくれるかな
世界がもし明日 悲しみにあふれても
君がいるなら 僕は生きていく

握りしめた 小さな手が
運んでくれた 大きな愛が 僕を動かすんだ

『愛』って何か わからなかった
そんな過去(とき)もあったけれど
心震えた 涙あふれた 胸がギュッと苦しかった
『君がいる』それだけで今日も明日も進む意味です
大切なもの 見失わない ようにこの歌唄おう

君と笑いあった ささいな出来事も
君の涙を 見て痛む 胸も
二人で過ごしていく 日々は増え続けていく
僕の気持ちと とおなじようにね

君の声や 笑顔 涙も
恋しくって 愛あふれて 僕は動き出すんだ

好きって何だ あの過去(とき)僕はそれすらもわからないほど
夢中になって 君を見つめて
伝えたい言葉探した
限られた時の中 どれだけの愛返せるだろう
大切だよ 愛してるよ これからもずっとずっと

きっと
目の前に願わない 困難もあるだろう
君とだったら 挑む価値がある

ずっと 浮き沈み 繰り返し そんなところだろう
だけど君とだから 素敵に想えるんだろう

瞳閉じれば いつも浮かんでくる
大切な人 大切な事
きっと もっと ずっと 信じていく

あぁ
今まで一緒 これから一生 続いてく 僕らのメロディー
この一瞬を 過ごしていっそう 『思い出』と『明日』を描こう!
ありがとう
どんな辛い日々でも 楽しく想えるのは
君のおかげ 恋の面影 唄おう声が枯れるまで!!

これから先、何年、何十年と 変わらない僕らがいいね
大人になって 涙増えても 寄り添って手をつないでさ
ありがとう
思い出せば いろんな事を超えて来れた
同じ笑顔 同じ涙 同じトキを過ごした
『君がいるから』
『今があるから』
心から 愛し君へ

文字:
   
位置:
 



GReeeeNの人気歌詞

同名の曲が6曲収録されています。

愛し君へ(森山直太朗)

愛し君へ(中澤卓也)

愛し君へ(つるの剛士)

愛し君へ(Hi-Fi CAMP)

愛し君へ(中田裕二)

愛し君へ(鈴木雅之)

人気の新着歌詞

天気の子

愛にできることはまだあるかい

RADWIMPS

何も持たずに 生まれ堕ちた僕永遠の隙間で のたうち...

天気の子

風たちの声 (Movie edit)

RADWIMPS

風が僕らの前で急に舵を切ったのを感じた午後今ならど...

aurora arc (通常盤)

新世界

BUMP OF CHICKEN

君と会った時 僕の今日までが意味を貰ったよ頭良...

ドレミソラシド (通常盤) (特典なし)

ドレミソラシド

日向坂46

オオオ…ドレミ ドレミ ドレミレミ ドレミ...

aurora arc (通常盤)

月虹

BUMP OF CHICKEN

夜明けよりも手前側 星空のインクの中落として見失っ...

Hot Hot Hot / ミラーズ

Hot Hot Hot

東方神起

Day to day, Wave に呑まれて僕らま...

【メーカー特典あり】 VS (通常盤) (オリジナルステッカー付)

VS

ポルノグラフィティ

あれは遠い夏の日のシンキロウこだまする友の声ほ...

I am I【通常盤】(CD)

I am I

大原櫻子

さようなら 昨日までの完璧なる私冒険するために...

brave up!! feat.DJ KOO

lol

the wait is over 飛び出す導くmy...

君がいて欲しい

田村心

苛立つ 喧騒の中探して歩く何かをSo I'm ...

NO GIRL NO CRY

Poppin'Party×SILENT SIREN

女の子はいつだって!心臓(Heart!)どきどき(...

ハッピーデイズ!!!

民謡ガールズ

はちゃめちゃ多忙な毎日をパワーで突っ走れ!(Let...

834.194 (通常盤[2CD]) (特典 ~VISUAL&TALK SESSION応募抽選ハガキ~付)

忘れられないの

サカナクション

忘れられないの春風で揺れる花手を振る君...

アドレセンス

吉野裕行

愛しい人とぶつけあった想いは今頃どこにいるんだろう...

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2019 J-Lyric.net