AKB48 109 歌詞

AKB48の「109」歌詞ページ。
「109」は、作詞:秋元康、作曲:伊藤心太郎。

109

歌:AKB48

作詞:秋元康

作曲:伊藤心太郎

傘さえ持たずに
雨の中を飛び出した
濡れてしまえば
頬の涙も消えるから

すれ違う人は
哀れんではくれるけど
私をわかってはくれない

彼の部屋で鉢合わせした
あの彼女はどこの誰か教えて

愛はまるで道に迷った エトランゼ
どこへ行けばいいの?
私 一人きりで…
うわの空で歩いた
緩い坂を上って
気づいたら…109(マルキュー)

右手に携帯握りしめて
待っていた
彼の言葉はどんな嘘でも頷ける

友達はみんな「遊ばれてるよ」と言うから
誰にも相談できない

女の子は悲しい時
なぜここへと
歩いて来るのでしょう?

愛はいつも 出口見えないラビリンス
何か信じたいの
胸の奥の光
通い慣れた店先
流行りの服眺めて
泣かせてよ…109(マルキュー)

女の子はここへ来る度
身も心も大人になってゆくの…

愛はまるで道に迷った エトランゼ
どこへ行けばいいの?
私 一人きりで…
うわの空で歩いた
緩い坂を上って
気づいたら…109(マルキュー)

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net