AKB48 ぐぐたすの空 歌詞

AKB48の「ぐぐたすの空」歌詞ページ。
「ぐぐたすの空」は、作詞:秋元康、作曲:前村香春。

ぐぐたすの空

歌:AKB48

作詞:秋元康

作曲:前村香春

僕たちの世界は
思うより小さすぎて
そう 息苦しくなる
新しい誰かと
出会って話したいなら
そのドアを開けてごらん

陽射しの中で
輝く命
小鳥は歌い
花は風と踊る
ガーデンで…

空に手が届くか?
踵(かかと)を上げてみようか
遠い山が
1ミリ低くなる
空に手が届くか?
心を背伸びしようか
白い雲が
さっきよりも少し
近づいたかも…

まだ会ったことない
いろいろな人と出会う
チャンス ずっと探してた
この胸に溢れる
思いを伝えたいんだ
ぐぐたすの民に届け!

葉っぱの上に
溜まった雫
地球のように
丸い水が光る
七つの海

誰の夢なんだろう?
多くの声が聴こえる
人と人の
絆が繋がってく
誰の夢なんだろう?
みんなの未来にしよう
青い空に
僕の指が少し
今 触れたかも…

空に手が届くか?
踵(かかと)を上げてみようか
遠い山が
1ミリ低くなる
空に手が届くか?
心を背伸びしようか
白い雲が
さっきよりも少し
近づいた…

空に手は届くよ
自分を信じればいい
もっともっと
理想を高くしよう
空に手は届くよ
みんなと語り合ったら
いつのまにか
僕の指の先は
宇宙まで行く

文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © J-Lyric.net