AKB48 動機 歌詞

AKB48の「動機」歌詞ページ。
「動機」は、作詞:秋元康、作曲:福田貴訓。

動機

歌:AKB48 作詞:秋元康 作曲:福田貴訓

電車がガタゴトと
ガラス窓 震わす
線路のすぐそばの
古いアパートで
真っ赤な夕焼けと
ローマ字の表札が
何よりもしあわせで
死んでもよかった

たったひとつしかない
林檎を分け合って
あああ 愛だけで満たされてた

大きな手を握り
逃げ出した世界は
何もなかったように
一日が終わる
大人にはわからない
動機なのでしょう

天井 ポタポタと
雨粒が落ちてる
仕事はないけれど
あなたがいてくれた
永遠に終わらない
思い出のしりとりは
求め合ったキスで
終わりにしようか?

たった一度しかない
儚い人生は
あああ 愛だけを信じたかった

大きな手を握り
逃げ出した世界は
何もなかったように
一日が終わる
大人にはわからない
動機なのでしょう

あああ 愛なんてどこにもない


電車のガタゴトが
聴こえない真夜中
私はその人を
許せませんでした
大人にはわからない
動機なのでしょう

そう誰も理解できない
愛し方でした


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2014 J-Lyric.net