AKB48 JJに借りたもの 歌詞

AKB48の「JJに借りたもの」歌詞ページ。
「JJに借りたもの」は、作詞:秋元康、作曲:鵜島仁文。

JJに借りたもの

歌:AKB48 作詞:秋元康 作曲:鵜島仁文

落書きだらけの地下鉄が
地上を走った数分間
俺たちが生まれたハーレムが
楽園に見えるよ

壊された消火栓までが
変わっていない街
歩けば仲間たちが
ハグを求めて来る

JJに借りを返しに来た
ガキの頃の話さ
あいつのことだから
もう何も
覚えていないだろう
奴に借りを返しに来た
ずっと気になっていたんだ
忘れててくれりゃすぐ済むさ
ビールを飲んで帰ろうかな

あの頃の俺たちのような
ガキたちがタイヤを焼いてる
誰も住んでない廃墟なのに
洗濯物がいっぱい

建前と本音があるのは
どこの街も同じなんだ
イリーガルな世界にも
守るべきルールがある

JJに会わないわけにいかねえ
いつからか思ったよ
大人になったから
今なんだ
俺は決心した
奴に会わないわけにいかねえ
妻と娘に電話して
何も言えぬまま切ったのは
俺に守りたいものができたのか?

懐かしいあのバーで
近況で盛り上がって
あの夜の拳銃の
トリガー引いた

JJに借りを返したんだ
俺の念願だったけど
大人になってから
どうでもいい
忘れそうになったよ
奴に借りを返したんだ
やっぱり許せなかった
大事にしていたプライドは
ガキの頃からずっと変わらねえ


文字サイズ: 文字位置:

歌詞検索

曲名:
歌手名:
歌詞:

このページをブックマークする

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、 著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法利用規約歌詞検索J-Lyric.net について
Copyright © 2006-2014 J-Lyric.net