AKB48 あの日の風鈴 歌詞

AKB48の「あの日の風鈴」歌詞ページ。
「あの日の風鈴」は、作詞:秋元康、作曲:杉山勝彦。

あの日の風鈴 歌詞

歌:AKB48

作詞:秋元康

作曲:杉山勝彦

夏休みには列車に揺られて
田舎のおじいちゃん家へ行ったっけ
山に囲まれ 蝉の声 遠く
縁側で昼寝をして夢を見たよ

どこかを歩いてるのに
なぜか前へ進めずに
汗かきながら
焦ってたんだ

あの日の風鈴 ちりんと鳴って
風はそっと吹き抜けた
目には見えない 大事なものは
いつのまにか 古い記憶の中

ラジオ体操 好きじゃなかったけど
朝の空気は澄んでて気持ちいい
将来の夢 大人に聞かれて
そんな先のことなんかわからないよ

時計の針はこっそり
知らぬ間に進んで
鏡の自分は 大人だった

心の風鈴
聴こえたような
夏の空が黄昏る
すべてのものは変わってくけど
ずっと ずっと 僕は少年のまま

どこかで風鈴 ちりんと鳴って
僕はまわり見回した
目には見えない 大事なものは
いつのまにか 古い記憶の中

ずっと ずっと 僕は少年のまま

文字:
   
位置:
 

歌詞検索J-Lyric.netでは、無料で歌詞の検索・閲覧サービスを提供しておりますが、著作権保護の為、歌詞の印刷、歌詞のコピー、歌詞の複写などを行うことはできません。

歌詞の検索方法 利用規約 J-Lyric.net について

Copyright © 2006-2017 J-Lyric.net